成功する婚活コラム

行政も応援!?地域活性の婚活サイト

最近では地域活性等の一環として、地域活性の婚活サイトを行政が応援するパターンも多いようです。
若者だけでなく40代の女性もかなり前向き応援!という傾向にあります。理由は40代以上の独身男性が多い地域もあり、なかなかお嫁がいない・・というのが悩みになっているかららしいのです。ですから女性の場合はわりと「モテモテ」になる事も多いのがこの地域活性を交えた婚活なのです。

仕事を安心して行うために家庭をしっかり守ってもらいたい!というのが男性の本音ですが・・現在の不景気な世の中、家庭に関して女性が働くのは歓迎という人もおよそ半数以上になっているという統計もあります。

いずれにしても自分がガッツリ稼ぐから!って言うタイプの男性と一緒に頑張っていこう!という人もいますのでどちらにでも対応できる女性なら問題ないですね。また最近は自分が家庭に入るのを抵抗と思わない男性もいて「主夫」なんていう道を選ぶ男性もいます。協力体制に余念が無い男性もいるので行政応援のサイトを活用する男性はわりと女性への理解に余念がありません。
またこのような行政関連の運営はイベントなどもとてもリーズナブルで参加できたり、会費も安い事が多いですね。

お互いが交際同意の後に連絡先交換できるようになっているシステムやバーベキュー婚活などのイベント風な婚活も多いのが特徴です。

女性の社会進出が盛んな時代になり、子育てとの両立に大変さはあるものの結婚観も変ってきました。

晩婚化もすすんでいますが、中身を空けてみると社会で自立できる女性が多くなった反面、諸外国に比べて日本はまだ働くママには良い環境とは言いがたいと思います。

しかし、男女格差を跳ね除ける強い女性経営者なども誕生し、「頼らない」女性が昔より多くなってきたことは傾向としてあるようです。
女性の結婚選択として「家庭」にすっぽり収まりたいタイプと「働き続けたい」タイプにわかれますね。

もちろん家庭に入りたい人はそれなりの稼ぎを相手に求めることもあると思いますし、後者は自分で稼いで世の中の流れについていくワーキングママでしょう。人それぞれですが子育て出産を経て選択肢がわかれるようです。

女性にとって出産と子育ては一大イベント。特に子育ては人生の中で最も貴重で大変な仕事といってもいいでしょう。
そんな環境できちんと安心して生活でき、一緒に協力できる男性が人気で、地方や行政主催の婚活サイトやパーティなどではこのようなことに理解が出来る男性も多いという声がありました。
仕事の両立についてもこの点が婚活でもきちんとクリアできるかということを女性は見ていますので、このあたり選ばれる男性の秘訣の一つであるといえそうです。

いまどきの行政や地域活性化婚活、みんなどんな風にしているのでしょうか?

まず手っ取りばやい方法なのが今まで気にしていなかった人を見直したら昇格したというパターンです。あるいは友達と一緒にイベントに参加してみたら、という場合も多いです。
たとえばこんな共同作業で一緒になった人達もいます。
★イベントで婚活(クッキングなどの共同作業イベント)
★リーズナブルな料理合コン
★クッキングパーティ&イベントパーティ
★スポーツ観戦
★キャンプ合コン
★習い事合コン
などなど・・
それから忙しい人に多いのは自宅でも気軽に出来るネットの情報収集活動。
いろんな婚活支援のサイトが最近は多くあります。

自由に自宅で検索できますから時間もかかりません。
ネットやスマホ、携帯でマッチングが出来る結婚情報システムは魅力はリーズナブルな料金。行政でも取り入れている地域があるようです。
相手が見つかった時にチケットでお支払いやポイント消化という事も多いようです。1回分ずつの支払いやポイントなので安心ですね。

やっぱりプロの目がいい!という人は地域の結婚支援相談所のプロに相談する人もいます。オ―ダ―メイドカウンセリングでバックアップして
くれたりパーティ、カウンセラーからの紹介などもあるので受け身姿勢の方にも好評です。
個人差もあり、期限がない婚活ですが、長期戦が良いのか?それとも短期決戦が良いのかはあなた次第。

ただし、正解からすると或る程度期間を区切ったほうが良いという結果が出ています。

1-2年が限度かなという経験上の声があるように、半年から1年を目安に活動するといいでしょう。

また逆にすぐにみつかるとお金がもったいないからと伸ばしている人もいるようですが早ければ早いほど良い場合も多いのです。
リズムがつかめているとトントン拍子に進みます。相手を知るには或る程度の期間を区切って集中して試みるほうがいいですね。

婚活をだらだらしているとあまりいいことはないのです。
「面倒だな」と思ってしまったり「誰でもいいか!」となってしまったら大変です。
落ち着いてこのあたりまでを目安にする、として活動するようにしましょう。相手の本気度もわからなくなりますから!
前向きなおつきあいであれば知り合って1年以内のゴールインがベストではないかと思います。

しかしながら、多忙などによりなかなか取り組めないなぁーという人も居ると思います。
そんなときには焦ったりしてはダメ!
新たな気持ちで自分の譲れない条件を絞り、ネットなどで今までダメだったものをなんとなくOKにするとグッと許容範囲が広がります。
また普段と違うイベントに参加するなど目先の変わったことをするとメンバーも違って新鮮かもしれません!

Join The Discussion