成功する婚活コラム

婚活スペシャリストを 活用するメリットとデメリット

ネット婚活を活用するメリットとデメリットを大小合わせて確認してみました!
主なユーザーは40代前後の大人世代です。

まず大手から。

大手のメリットはやはり会員数が多いことで選ぶ選択肢が増えることですね。逆に多すぎて選べない・・・という人には不向きとなります。
反対にデメリットは会費が割高になることでしょう。
入会金などで初めに高額を払って月会費。
活動期間は2年など、決まっている間の活動が多いです。もちろん成功報酬が無い分成功しようがしまいが、この金額を支払うことになります。

極端な話「誰にも出会えなくても30万」といったような感じで消費されているのです。

大手以外のところはこれに比べて入会金がなかったり、月々の支払である月会費や成婚料があったりなかったり。

大手と比較すると価格のリーズナブル設定が目立ちます。
デメリットは会員数が限られていたり、あまり新旧の入れ替えが激しくなくて選ぶ範囲が狭くなるといったところです。

システムがやや、小規模で使いにくかったりするようです。もちろん小規模でも成婚確率がいいサイトもあります。

自分の目的は何か?ということに絞るといいでしょう。

これに婚活のスペシャリストがいるかいないか?でどれくらいさらにメリットやデメリットに違いが出るのか見てみましょう。

システム管理のわりには申し込みに限定があるという声が大手のネット婚活の場合はありますがそのほかにカウンセラーがいます。

余りにうまくいかない、進まない時にはカウンセラーに相談する、アドバイスをもらう、紹介してもらうのも手です。

しかしながらこればメリットであれば、カウンセラーは大手の場合、数名を掛け持ちしていたり異動があったりして定着しにくい部分も出てきます。専任になるかどうかも不透明なところもあり入れ替わりについては固定が多少困難でスムーズに進まないこともあるでしょう。
コンサルの担当人員が多いため、気軽に相談できないなど担当によって、ばらつきがあると言ったところです。

次に小規模なサイトについてはシステムが簡易すぎて情報保護が心配などの声があげられますが、カウンセラーのようなスペシャリストがいると小規模なだけに手厚いフォローが期待できます。また専門のスタッフがアットホームに対応してくれるところもあったり、広く浅くではなく深く狭く見てもらえるところがメリットといえそうです。

エリアや自分の得意分野についてもさまざまに経験上、関わっている人がスペシャリストとしている事が多いので機械的に流れる大手より相談しやすいという声もうなづけます。

デメリットは人数に限りがあるので、繁忙期には多少レスが遅かったり対応を待つ必要も出てくるかもしれません。
しかしながら、相談のプロのいるサイトやフォローがあるところなら小規模でもある程度的を絞った相手の希望を出して、活動することが可能ですね。
多少の前後があってもどこかが少ないと成婚料を徴収したりすることで月々の会費や入会金を抑えていることが多いのも小規模の婚活サイトの特徴です。

いずれにしても初めに必要な費用が少なく月会費を徴収することで、活動の期間が設けられており、成婚した際に必要な場合もあれば成婚料が必要でない場合もあります。

アットホームなきめ細かなサポートが可能な小規模がお好みの人と、大手のように慣れている対応の方がドライでよいという人に分かれると思いますが、メリットを最大限に生かして、デメリットを最小限に抑えるといった形のスペシャリストを活用できれば一番良いのではないでしょうか。

キャンペーンとしてよくあるのが「入会金免除」とか「割引中」「再婚割引」「スタートキャンペーン」「シングルマザー応援価格」などです。

詳細はサイトには掲載が少なく直接問い合わせというパターンもあるようなので不明な点は問い合わせフォームなどから聞いてみると良いと思います。特に入会金は免除になると、メリットも大きいかもしれませんね。
お金を掛けずにできれば、一番いいかもしれませんがお金をかけても自分にとっての伴侶が見つけられるなら・・・と思う人もいるでしょう。

ただ、あなたの無理の無い範囲での費用で行うことが大前提です。借金してまで!というのはダメ。自分にあった費用感のところを選びましょう。

またスペシャリストがいずれもいない場合は、いた場合との比較はどうなるの?という点ですが何かあった時には自己解決せねばならず、やはりサポート面でもいたほうが断然いいでしょう。

要ることで、イライラするのであれば別ですが・・。
それからリーズナブルな方がいいという人なら無料の婚活サイトでいいのでは?ということも上がりそうな意見です。然し無料のサイトは誰でも出来るという手軽さからサクラや本気度の薄い人が登録しやすい傾向にあります。

もちろんこのような無料サイトにスペシャルカウンセラーはいません。費用がかからないということはセキュリティも甘いということ。
これは、ずばりシステムや安全性、身分の確かさなどの運営管理面の違いでしょう。

タダの場合は、言い換えると責任は自分たちだけ。管理者などほぼ居ませんのでリスクがあってもわからないことも多いです。
逆に有料の場合はそれなりの審査や管理が出来ていなくてはいけませんし、出来てない場合なら運営会社に相談やクレームもできます。
特徴をつかんでぜひ活用してみて下さい。

Join The Discussion