成功する婚活コラム

ここに気を付けよう!大人の婚活サイト利用術

ここに気を付けよう!大人のネット婚活、 婚活サイト利用術

ネット婚活をするにあたっては当然ながら気を付けなければならないことがあります。
選ぶならセキュリティやプライバシー保護重視の婚活サイトというのは当たり前です。

多くの人は時間が無い中で行っているのでネットを駆使したり、モバイルやスマホで空き時間に活動している人も多いはずです。
これならあまり人にしられずに済みますし、いつでもどこでもできますね。

知られずに活動したい人はネットやモバイルがおすすめですが、安易に無料のサイトばかりを使ってはいけません。

無料のサイトはアフィリエイトへの誘導だったりセキュリティもあまりきちんとしてないことが多いです。おそらくそのサイトは広告収入だけで持っているようなものでしょうから、無料=誰でもやれてしまう、少なくとも審査や厳しい基準が無い人も入り込んでいると思った方が良いでしょう。

人に見られないような仕組みやパスワード設定が無いと、あとあと、迷惑メールのもとになったりすることもあります。
自分のコミュニケーションツールを駆使して安全に活動できるかどうかがポイント。

次に気を付けたいのは相手に会う場合です。

ベストな環境はどうする?

いざ対面となったときの準備は?
という心配もあるかと思います。とくにネット婚活の場合はそうですよね。
初対面で気をつけることまず初対面で気をつけることは、当たり障りなくお互いふみ入り過ぎないようにすることです。
また期待がふくらみすぎてしまうとあとからがっかりモードが押し寄せてきてしまうのもつまらないですから。

事前に顔を公開している場合は目安が付きますが、そうでない場合には、なかなか初対面では見つけにくいもの。それより先に身の安全を確保する対面の方法をしなければなりません。
まず「2人だけになる場所を選ばない」こと。万が一のことを考えてもし可能なら登録している相談所のラウンジとか集まる機会があれば公のチャンスを生かせるならばその方がいいです。
とにかく公共の場を選んでください。
有料の専門サイトなら仲介の人に立会い(場所提供)を依頼するもいいでしょう。
なかには近くの提携している場所でお見合いさせてくれるところもあります。

第一印象で見るポイントには清潔感、相手の目を見てきちんとはなしができるか、礼儀など社会人(一般常識人)としての基本を身に着けているのかという点、相手が真剣にあなたの話を聞いてくれているか、してくれているかという点に気をつけてみましょう。
遊びや冷やかしは話していてすぐわかってしまいます。

またサイトやスマホでの個人情報は婚活でどうなっているの?

個人情報はどう守る?
という点ですがプライバシーマークやきちんとした情報保護の制約があるところを選んで婚活しましょう。又クーリングオフがあるなど、有料の場合は、消費者の立場にたった規約があるところをセレクトしましょう。

規約がなかったり、同意やクーリングオフなどが無い場合は注意。また個人情報入力でベリサインやプライバシー保護マークが無い場合も避けたほうが良いです。
身元確認をしっかりチェックするところがいいです!
あなたの登録はもとより、会員登録のときに身分証明やきちんとした証明などを提出させられるところのほうが良いです。
なぜなら偽造などの対策や、本人確認が厳しいほうが入会している人も同等ランクの人とみなされるからです。

きちんとした婚活の基準は、「自分のことを知ってほしい」ということで相手にそれをどれだけまじめに伝えている人かということです。結婚は自分だけでなく家族(家と家)のものでもあります。

自分を取り巻く環境や現状をきちんと理解しあえるように話をしてくれる、努力してくれそうな人こそ婚活にまじめに取り組んでいる人といえるでしょう。
きちんとした婚活が出来るサイト、成婚率の高いサイトでお見合いの日を設定したり、お互い同意の上連絡先交換したり、登録するには本人確認必要、勤務先年収、独身証明、卒業証明を原本確認などをするサイトの方が良いです。

またできればプロフィール写真は閲覧できる方が良いですね。
オプションでアドバイザーが相手紹介してくれたり、イベントパーティなども希望により参加できるものの方が良いですね。
大体本人確認に必要なものとすれば本人(相手)氏名・住所・生年月日を確認できる公的な証明書の写し(健康保険証、運転免許証など)
・公的に独身を証明する書類(原本)1通
・最終学歴を証明する書類1通
・職業を証明する書類の写し(勤務先発行の社員証など)を要求されます。
これは同じく相手も提出していなければ入会できないので身元が確かということにもなります。
婚活で選ばれる人、選ばれない人の比較ですが男女共通では「楽しい人」「明るい人」「話しやすい」「優しそうな人」「話しが合う人」です。

ごく一部は見た目から入る人もいます。

しかし「この人とならフィーリングが合う」と思う人が選ばれやすい傾向になります。
逆に男女とも「無口すぎる人」「暗い人」「やたら喋り捲る人」「陰気くさい人」「人の目をみずに話す人」などなど、相手のことを考えず自分のペースをまんまに出している人は選ばれにくい傾向が。
趣味や自分と相手のマッチングのバランスをとれる印象付けを心がけましょう。
『不潔な感じの人』は選ばれにくいです。

Join The Discussion