成功する婚活コラム

アラフォー女性の婚活は妥協するしかないの?理想の相手を見つけるには

「アラフォーは結婚したければ妥協が肝心」なんて言われますが、はたしてそうなのでしょうか。

もちろん過度の高望みが難しいのは現実ですが、妥協しすぎるのも問題。結婚のためにこの人で手を打ったなんていう婚活は、決して成功とはいえません。

アラフォー女性が理想の相手を見つけるには、「現実的な理想」を持つことが大切です。

「現実的な理想」を持つ

確かに、アラフォー女性の婚活はあまりに注文が多いと相手がいないことは確かです。過ぎた望みは身を滅ぼします。

ですが、だからと言って好みじゃない男性と結ばれることが、幸せな結婚につながるのでしょうか?

考えるべきなのは、「どこを妥協するか」ではなく、「自分の理想は現実的か」ということです。

現実的、というのは「実際に結婚後の生活ができるかどうか」です。

高い年収を望んでも、相手が仕事で忙し過ぎれば一緒にいる時間がありません。スタイルの良い男性がいいと思っても、毎日ジム通いに明け暮れたり食事の内容にうるさいような人だったりすれば、窮屈な暮らしになりますよね?

それより、「年収はそこそこだけど家庭を大事にしてくれる人」の方が、一緒に住んでも幸せなのではないでしょうか。

「趣味の合う人がいいな」「一緒に料理できるような人がいいな」など、実際の結婚生活で心地よく過ごせる人を理想とするのが、より幸せな結婚に近づけるといえます。

結婚は「条件」でできるものじゃない

現実的な理想があると、相手のことを条件ではなく中身で見ようとします。

人柄や人間性は、長い時間を一緒に過ごすことになる結婚生活ではとても重要です。特にアラフォーでの婚活は、これまでの人生の来し方が人間性に現れるので、上っ面では分からない相手の良さを見抜ける目を持ちたいところ。

年齢や職業などにこだわりすぎると、相手からも同じような部分で判断されることになります。逆に、内面で人を見ようとすれば、相手も同じく自分の内側を理解しようとしてくれるでしょう。

結婚生活は条件の良さで決まるものではありません。

いかに自分と合う人を見つけるか、幸せに生活できる人を見つけられるかが婚活の目的。

相手の本質を見る目を持って、「理想の相手」を探してくださいね。

婚活で妥協するというのは、例えば掃除は苦手だけど一緒にやれば良いとか、車の運転が苦手だけど移動は電車に頼れば良いとか、本来「ほかのことでどうにかする」ことを目指して使うのが良いですね。

何かを我慢して目をつぶるような妥協は、結局不満が溜まります。そうではなく、より自分が居心地よく過ごせる人を見つけるための理想を持って、婚活も楽しんでください。

 

5 Comments

  1. はな 2017年4月30日
  2. 2017年4月30日
  3. 詠美 2017年5月1日
  4. 明音 2017年5月1日
  5. りえ 2017年5月1日

Join The Discussion