失敗談から学ぶ婚活

お金を騙し取られそうになりました

私は、46歳の時、フェイスブックを利用した婚活サイトペアーズに登録していました。
その時の私のスペックは、年齢は、46歳、家事手伝いで、年収200万円、趣味はカラオケとスポーツ観戦でした。
ペアーズは、フェイスブックを利用した婚活サイトで、実名で登録している人が多く、顔写真を掲載している人も多いことから、安心安全な婚活サイトとして有名でしたので、登録することにしました。
ペアーズを使い始めて、3ヶ月ぐらい経った頃、ある男性とマッチングが成立しました。

その男性のスペックは、年齢は34歳、職業は建築業、年収は800万円以上、有名私立大学卒業のかなりのイケメン男性でした。
その男性の顔写真は、モデルさんのような感じで、デフォルメされたような印象がありました。
私は、こんなかっこいい男性が、なぜ私に、「いいね」をくれたのか、不思議に思いました。

その男性は、とても積極的に、私にメールをしてきました。
それまで、ペアーズで知り合った男性は、どちらかと言うと消極的な人が多く、私の方からメッセージを送って、やっと返事がもらえる人が多かったので、私は、その男性に、少し違和感を感じていました。
その男性とやりとりを始めて3日目、その男性は、いきなり、「実は、俺の携帯、ペットの犬に噛まれて、壊れちゃってさ。使えなくなっちゃったんだよね。だから俺の携帯が直るまで、俺のブログでやり取りしようよ」と、言ってきました。

私は それまで、ブログをやったことがなく、やり方もわからなかったので、「携帯が直ったら、またメールしましょう」 とメッセージを送ったのですが、その男性は、「俺は、君のことがすごく気に入ったんだよ。どうしてもやり取りしたいから、俺のブログに登録してよ」と、しつこく誘ってきました。
私は、「何か変だな」と思いながらも、仕方なくブログに登録してみることにしたのです。
私がブログに登録しようとすると、少しクリックしただけで、「入力が間違っています。初めからやり直してください」 というメッセージが出てしまいました。そして、そのメッセージが出るたびに、課金されてしまっているのがわかりました。
まだブログに登録が完了していないのに、3万円近くのお金が課金されていました。
「このブログ、やっぱりおかしい」 そう思った私は、その男性に「やっぱりブログに登録するのやめます」とメッセージを送りました。

すると、その男性は、今まで以上にしつこく、何度も私に メッセージを送ってくるようになったのです。
メールの文面は、「俺、君のことが大好きになったんだよ。だから、どうしてもメッセージのやり取りしたい。俺の気持ちわかってほしいな」といった内容でした。
私は、その時、やっと、「とんでもない男性に引っかかってしまった。これは詐欺だ」と気がつきました。
「どうしよう。3万円ものお金払いたくない。お金を取り戻したい」そう思った私は、 消費生活センターに相談しました。
結局、消費生活センターの方のおかげで、お金を払わなくてもいいことになりました。

消費生活センターの方の話によると、その男性は悪質な有料サイトに勧誘しようとするサクラだということがわかりました。
あのまま、ブログに入会していたら大変なことになっていたと思うと、私は、今でも背筋が凍る思いがします。
私は、婚活サイトはいくら安全と評判の高いサイトでも、悪質なサクラは存在するので、注意しなければならないことを痛感しました。
「なんか不自然だな」と感じた男性とは、はじめからやり取りしないことが大切だとわかりました。

Join The Discussion