失敗談から学ぶ婚活

婚活アプリで嘘を見抜くのは難しい

仕事に打ち込みながら、それなりに恋愛もしていましたがなかなか結婚に結び付かず、31歳の時に独り者になったことを機に婚活を始めたのですが、いつもの異性との出会いとは違うものを求めて、様々な出会いの場を試していました。
その方法の一つとして、当時私の周りで流行っていた、婚活アプリを使用してみることにしました。

簡単に登録できるものと思い込んでいましたが、実際にアプリをダウンロードしてプロフィールを入力しようとしたところ、センシティブ情報のほか、好みの異性についてや結婚に対して、それぞれに事細かな設定があることを知り、ビックリしました。中には、未婚なのかバツありなのか死別なのかとか、子どもがいるかいないか、また相手にはどんな職業やどのくらいの収入を希望しているのか、なども含まれていました。
悪戦苦闘しながら何とか全て正直に入力し終えて、プロフィールを公開して婚活をスタートしました。

すると、しばらくするとコンタクトを取ってくる人に様々なタイプの人がいることが分かりました。軽い気持ちで会うことが目的の人、交際するにしてもまずは会ってみることが先決の人、反対に会う前にじっくりとチャットなどでやりとりをしてから会いたい人など様々でした。しかしどの人も、会ったことがないわけですので、プロフィールに記載された情報が、その人のことを判断する上で重要な情報でした。当然、コンタクトを取ってくる人たちも、悪戦苦闘しながらプロフィールを入力していると思っていました。

しばらくして、実際に会ってみようということになった一人の男性がいて、その人は希望通りの独身で年上でした。ただ、プロフィールにはバツイチとありました。本当は未婚の方が希望でしたが、その人は話もあったし、趣味も合っていて、プロフィールには結婚を真剣に考えていて相手を探しているとあったので、ぜひ会ってみたいと思ったのです。
そして実際に会ってみると、チャットと変わらず話しやすくて、すぐに親密になりました。徐々に好きになっていったので、交際して欲しいと言われたときはとても嬉しかったです。

しかし付き合っていくうちに、記載されていたプロフィールとどこか噛み合っていないと感じることがしばしばありましたが、勘違いだと思い込もうとしていました。
後で分かったのですが、プロフィールに記載されていた内容には嘘も含まれていて、バツイチは本当でしたが、先妻との間には子どもも2人いて、しかも同居していました。相手になぜ嘘を記載していたのか聞くと、正直に書くと会ってもらえる確率が下がるからだと言いました。さらには、結婚を真剣に考えていて相手を探しているとありましたが、実際には離婚が原因でしばらくは結婚したくないと思っていることが分かりました。
どんな理由でも、知り合う上で、嘘をついていた上にそのまま嘘をつき通していたことで信じられなくなり、別れました。

Join The Discussion