失敗談から学ぶ婚活

行けなかった旅行代金を返してもらえません

私が三十歳の時、彼氏もいなかった私はそろそろ真剣に将来のこと・結婚のことを考えなければと焦っていました。

職場や日常生活での出会いがない為、婚活パーティーや婚活アプリ等でそういった出会いを探しており、最終的に婚活アプリで知り合った同い年の男性とお付き合いをすることになりました。
私の顔写真とプロフィールを見た相手からメッセージが届き、それに返信するとメッセージのやりとりがしばらく続きました。数回のやりとりで途切れてしまう人が多かった中、この相手とはラインの連絡先を交換し、飲みに行くことになり、そこでお互いに行きたかったテーマパークの話で盛り上がり、翌週末には一緒に日帰りで遊びに行くことになったのです。
そこで良い雰囲気になり、告白されてお付き合いを始めました。

まだ出会ったばかりで気は使うものの、ノリが合うというか、丸一日一緒に過ごした時間を楽しく過ごせたというのが大きかったように思います。付き合うようになって色々と相手のことが見えてくると、価値観(特にお金に関する)の違いに驚くことが多くありました。
例えば、お互いに一人暮らしをしていたのですが、小さな会社で事務員をしている私の暮らしからすると大企業に勤めている彼の暮らしぶりは豪華で、ドラマにでも出てくるような高層マンションの上層階に住んでおり、そこから見える夜景が毎晩見たくてここを購入したと言っていました。私の住んでいる賃貸の安アパートよりも、彼のマンションで過ごすことの方が自然と多かったです。乗っている車は高級外車、株や投資にも興味がありやっていたそうですが、話を聞いても私にはよく理解できず、何よりそこで出てくる金額の桁の多さに驚くばかりでした。お金に関する価値観が合わないというか、違いすぎるなと感じてはいたものの、私よりもお金を持っている人だと思っていたので、あまりそこを問題視はしていませんでした。

ある時一緒に旅行に行かないかと誘われ、行先は彼が行きたいという沖縄に決めました。一緒に旅行会社にプランを見に行こうかと言うと、知り合いに旅行会社に勤めている奴がいるから資料をもらっておくよと言われ、数日後、見せてもらった資料の中から1つのプランを選択しました。金額はどれも1名十数万円のものだったので躊躇しましたが、なかなか行けないから少しリッチな旅にしようと彼も言うので、お互いに自分の分は自分で出すという約束で決定しました。お金は彼がその友人に払っておくと言うので、彼に渡しました。もちろん現金を渡しただけで、証拠は何も残っていません。支払ってくれたかどうかの確認はしましたが、払っておいたよと言うので信じていました。

旅行の数日前、仕事の都合でこの旅行は行けなくなったと言われました。お休みをとっていたのに、旅行の準備もしていたのに、楽しみにしていたのに…といろんな思いはありましたが、仕事なら仕方がないと諦めました。お金は多少返ってくると言うので、返ってきた分だけでも返してねと言っていたのですが、なかなか返してくれず、何度も請求しましたが、
「今訳があって口座が凍結している」
「お金はあるんだけど現金を出せないからもう少し待って」の繰り返しで、不信感になり別れることにしました。

本当に旅行の申し込みをしてくれていたのか、支払いは済ませてくれていたのか、何か訳があってというのは本当なのかも不明です。あまり早い段階で、相手を信用しすぎるもは良くない、お金に関することはもっと慎重にするべきだったと反省しています。

Join The Discussion