成功する婚活コラム

「年下男子」との恋愛は「対等な関係」が幸せの秘訣。「オバサン」は捨てよう

アラフォー女性の婚活では、年下の男性と恋に落ちることもあります。
年下男子は頼りない?甘えられっぱなし?
いいえ、男性はいつまでも女性とは対等に、男らしさを忘れないお付き合いを望んでいます。
年下男子と幸せな恋愛をするためには、「オバサン」を捨てて彼と真っ直ぐに向き合う姿勢が必要です。

年下男子が求めているのは対等なお付き合い

好きになった男性がたまたま年下だった、というのはアラフォー女性の婚活でも見られることです。
年下の人を相手にすると、どうしても年長者ぶってしまう、という女性もいるでしょう。
年下男子は、年上のアラフォー女性に何を求めているのでしょうか。
それは「対等なお付き合い」です。
「子ども扱いされたくない」「男として見て欲しい」という気持ちは、いくつになっても男性が抱える気持ち。
何より、自分を未熟な人間として扱われることを男性は嫌います。
例えば喧嘩してしまったとき。「あなたはもっとこうした方が良い」とこちらは親切心のつもりで言っても、相手には「上から目線」の言葉として受け止められてしまうこともあります。
「対等なお付き合い」とは、何に気をつければ良いのでしょうか?

年齢を意識すると「オバサン」化する

特に真面目なアラフォー女性ほど、年下男子に対して「自分がしっかりせねば」と思ってしまうところがあります。
それは、自分の方が年齢が上だから、男性を導いてあげたいという気持ちが強いからです。
相手を思う気持ち自体は間違っていませんが、「年齢」を意識すると女性らしさを忘れがちになります。
無意識のうちに、甘えることはできない、常に自立した女性でいなければと思ってしまうので、年下男子からすると「可愛らしさ」がないように見えるのですね。
「またシャツの襟が曲がってる」などと朝から言われると、あなたの中に口うるさい「オバサン」を見てしまいます。
年下男子を好きになったら、自分の年齢はいったん忘れましょう。
「相手のため」で考えるとどうしても視点が一人よがりになりますが、「二人のため」という視線で居心地の良い関係を作ろうと思えると、口うるさく言うより「こうすると気持ちがいいね」と良い提案ができます。

「姉さん女房」のようなしっかりした女性が良い、と思って年上のアラフォー女性と付き合いたい年下男子もいますが、それでも、いつも自分の上に立たれるような感覚は男性を窮屈にさせます。

お互いがリラックスして過ごすには、年齢を忘れて向き合うことも大事なのですね。

5 Comments

  1. 2017年4月24日
  2. みゆ 2017年4月24日
  3. 里美 2017年4月24日
  4. しほ 2017年4月24日
  5. 久美 2017年4月25日

Join The Discussion