成功する婚活コラム

アラフォー女性の婚活は「奢られたい」よりスマートな割り勘を提案する方が成功する

「食事代は男性に奢られるのが当たり前か、割り勘にするべきか」
昔からいろいろな論が出ている話ですね。女性なら、やっぱり「おごって欲しい」と思う人は多いでしょう。
ですが、アラフォー女性の婚活では、あえて「割り勘」を提案する方が男性の負担を軽くする意味でもお付き合いまで進みやすくなります。

「男性が奢るべき」だと交際が続かない

そもそも、どうして「男性が奢るべき」という考え方があるのでしょうか。
昔は、現在のように女性が活躍できる仕事が少なく、収入の多い男性側が食事代を負担することで「女性を大切にしている証」だとする風潮がありました。
また、奢られるのは、女性側からすれば「自分との時間に投資してくれる」ことであり、男性にとって自分の価値がどれくらいかを判断する材料のひとつとする女性もいますね。
ですが、不況が続く今は、男性にも余裕がない状況です。最初から「食事代は男性が払って当然」と思われていると、お財布の中身によっては誘いたくても誘えない、ということも十分ありえます。
仕事をしていても家事手伝いであっても、アラフォー女性なら男性の「お財布事情」を考える気遣いがあると、それだけで男性側は「金銭感覚がしっかりした女性だな」と思います。

「割り勘で」は「お金は大切なもの」というアピールになる

もちろん、どんなときでも「女性に払わせるのは失礼」「食事代は男が出すのが甲斐性」と考える男性もいまだ多くいます。
そんな男性に「今日は私も払います」とお会計のときに口を出すと、プライドを傷つける恐れがあります。
「奢られて当たり前」という態度は決して美しいものではありませんが、逆にいつもこちらが恐縮してしまうような食事だと、お付き合いを楽しめませんね。
一番スマートな方法は、普段から「二人で食事に行くのは楽しいけど、支払いは自分も負担したい」ということを伝えること、そして二人で話し合うことです。
レストランの席で支払いについて揉めたりすることは、大人の女性としてマナーに反します。男性に不要な恥をかかせてしまうことにもなり、おすすめできません。
あらかじめ「こちらにも払う意思がある」ことを伝えておけば、男性側も安心して食事に誘いやすくなるでしょう。「割り勘で」という提案は、「片方ばかりに負担させたくない」こと、男性からすると「お金の大切さを理解してくれているんだな」という信頼につながります。

男女のお付き合いは、対等であることが基本です。

よほど収入の差が大きくないかぎり、また男性側がどうしても自分が負担することを譲らない場合以外は、「自分も負担する」という姿勢でいると、片方だけに出費が偏るような窮屈なデートを回避できます。
お金の話はデリケートですが、だからこそあえてこちらから切り出すことができると、男性にとって安心できる女性だと思われます。

10 Comments

  1. 美陽 2017年4月19日
  2. 弘美 2017年4月19日
  3. 陽那 2017年4月19日
  4. 夏穂 2017年4月19日
  5. ゆのん 2017年4月19日
  6. 鈴華 2017年4月19日
  7. 智子 2017年4月19日
  8. 2017年4月19日
  9. 美香 2017年4月19日
  10. りょう 2017年4月20日

Join The Discussion