成功する婚活コラム

交際期間は長いのも短いのも危険。結婚に進むためには「期限付き」が一番良い理由

お付き合いが始まったけれど、実際いつまで「交際中」を続けるの?
結婚を前提にしたお付き合いであっても、次のステージに進むためにはどれくらい時間をかければ良いのでしょうか。
交際を結婚まで進めるには、「3ヶ月」「半年」などお互いが納得できる期限を用意することが、相手にも決心を促す良い流れを作れます。

「期限」があることでお付き合いに本気になれる

交際期間を決めてしまうことでプレッシャーになるのでは、と思うかもしれませんが、そもそも結婚を前提にしているなら、その前段階のお付き合いに時間をかけ過ぎてしまうことにあまりメリットはありません。
ズルズルと交際を続けても、最後に別れてしまっては時間の無駄です。アラフォー女性なら、時間の大切さは意識していたいところです。
期限を決めることの良い点は、時間に縛りがあるのでお互いがお付き合いに対して本気になれること。
例えば「半年間お付き合いをしてみて結婚を決める」とすると、「半年後に別れる可能性がある」と考えることでより相手との結婚を意識します。「まずは付き合ってみてから考えよう」という姿勢も若い頃なら良いかもしれませんが、いつでも答えが出せる状態だと結婚という本来のゴールに集中しなくなる可能性もあります。
期限があることで、お互いにしっかり「この人と結婚できるかどうか」を見極めようとするので、長所も短所もつかみやすく、また見られている自分を省みる機会となりますね。

「期限」は二人で話し合う

もしいま交際中の恋人がいる場合でも、相手の本気度を確かめたいと思ったらこちらから「あと3ヶ月でどうするか決めて欲しい」と切り出してみると、相手の気持ちが見えてきます。
もし逃げ腰になるようなら、そもそも結婚に対しての意識が低い可能性もありますね。
結婚に向けて本気でお付き合いをしている男性であれば、女性からこう言われれば答えを出そうとする前向きな動きが見られます。
もし、交際の最初に「半年間」など決められることを嫌がる男性だった場合は、「私は結婚に向けて本気で交際したいから」と伝えれば、自分も同じであれば賛同してくれるはずです。
期限については二人で話し合い、お互いが納得できる時間を用意しましょう。「絶対3ヶ月のうちに答えを出して!」などと迫ってしまうと、お付き合いに本気の男性であっても逃げ出してしまうので要注意です。

期限を決めるのは、男性が次の行動(プロポーズや親への挨拶など)に移りやすいというメリットもあります。

タイミングをあらかじめ用意しておくことで、迷わず進める流れを作れるのですね。
もし自分が男性側から切り出された場合でも、相手の気持ちを汲み取って真剣に向き合うようにすれば、どんな結果であれお互いが納得できる時間を過ごせるでしょう。

8 Comments

  1. 照美 2017年4月27日
  2. 和恵 2017年4月27日
  3. 和恵 2017年4月27日
  4. みゆき 2017年4月27日
  5. 佳子 2017年4月27日
  6. 真沙代 2017年4月27日
  7. 美佐子 2017年4月27日
  8. 2017年4月27日

Join The Discussion