失敗談から学ぶ婚活

【実践記】パートナーズを利用し始めました

婚活サイトを利用していて出会いは中々難しいなと感じました。

実際に対面式の婚活パーティのメリットとしては直接お会いするので相手の雰囲気がわかるということです。
しかし、対面時間が短いことやマッチングしないとお相手の連絡先を知ることが出来ないなど、高額なお金を支払っているのにもかかわらず何も得ることが出来ないという可能性が高く有ります。
ただ本人確認や収入証明などを提出している為、身分がはっきりしているという点は安心できます。その反面、Webを利用した婚活サイトに関しては、低価格でサービスが利用できる為に、本人確認が取れていなかったり、収入証明がないために無職の人は破産宣告進呈中といった方が登録可能となってしまうところです。

本人の身分がはっきりしない状態で、やり取りを行うという点において安全かといわれると、必ずしも安全だということはいえません。相手を見極める能力が必要になってきます。

私自身、お断りを入れた方で収入が年収200万未満という方がいらっしゃいました。年収200万円というと、新卒の一般職の初任給以下の給与になります。

その点についてメールで質問をしたところ、「現在休職中です。」という返答が返ってきました。
この方の場合、収入面で虚偽のプロフィール登録をしていなかったのでこちらから連絡先を教えるなど、未然に防ぐことが出来ました。
しかし、ここで年収が200万~400万などと設定をされていたら、そのままメッセージのやり取りを続けていたかもしれません。
また、メッセージが来れば基本的にはお断りの場合であっても返事をお返しするようにしていました。

会話のキャッチボールがうまく出来ない方もいらっしゃったり、一方的にメッセージを送り続けてくるという方もいらっしゃいます。

あまり酷い状況でなければ拒否・ブロック機能は使いたくないと思っていたので、遠まわしに何度かのメッセージのやり取りの後に「お互いに理想の相手が見つかるとよいですね」という内容のメッセージをお送りしたのですが、ご理解いただけなかったようで再度「言葉のキャッチボールがうまくいかないようで・・・」という内容のメッセージをお送りしたところ「わかってねぇな、はっきりと言わないお前が悪い。・・・」という内容のメッセージが返ってきました。

正直、どうして言葉で「ここまで傷つけられなければいけないのかな」というような思いをした事があります。
ただ、パートナーズの利用でよいと思ったことは「通報」ということで相手のことを通報する事が可能です。その会員様は「アカウントが一時停止されています。」となったため、利用停止になったと思います。私以外にもそのような暴言と思われるようなメッセージをお送りした方がいらっしゃるのかもしれませんが、Web婚活では相手を見極める能力というのは重要だと感じました。

Join The Discussion